[Project] OCICA – Deer Horn Dream Catcher

Pocket

1005423_692425704117688_769100080_n
Photo: Lyie Nitta

OCICA is handcrafted jewelry by women in a small fishermen village in Oshika Peninsula, located northeast of Japan, where severely damaged by the tsunami and earthquake in March 11th 2011.
Products are made of indigenous materials; deer horn (“Oshika” means deer in Japanese) and fishnet. OCICA necklace and earrings shape a motif of “Dream Catcher,” an amulet of native American. In Japan, deer horn has been traditionally a symbol of life, and people appreciate it as an amulet that is said to protect them from flood. Thin fishnet is being used to restore broken large fishnets for fishing. Women in Oshika make these accessories, praying for their community and the disaster areas to be rebuilt, and for the happiness and dreams of all of you wearing and cherishing OCICA.

*Deer horn had been the abundant, but previously unutilized resources in Oshika Peninsula, since the legally permitted hunters hunt deer in Oshika to the extent for population control so both the deer local people can peacefully co-exist. OCICA utilizes those untapped horns in a highly appropriate fasions with deep respect to nature.

OCICAは、石巻市・牡鹿半島のお母さんの手仕事ブランドです。

宮城県石巻市牡鹿半島で男性漁師のサポートをしていた彼女達の中には、3月11日の震災後、一日中仮設住宅に一人で過ごし、仕事も無く話し相手もおらず困っているという方々も少なくありません。わずかながらでも彼女達に収入をもたらすこと、各々の役割としての仕事をつくること、そして住民同士の交流機会創出によるコミュニティづくり(再生)がこのプロジェクトが目指すところです。

アクセサリーの素材は、牡鹿半島に生息する鹿の角と、漁村のアイデンティティである漁網の補修糸をつかっています。鹿角は日本では古来より水難のお守りとして珍重されてきました。これらをネイティブアメリカンのお守りであるドリームキャッチャーをモチーフにすることで、悪い夢を食べ良い夢を運んでくれるよう、祈りを込めて浜のお母さんたちが一つひとつ手作りしています。
 
 
———

東日本大震災が起こった2011年の夏に石巻市に引っ越しました。以来、9月のプロジェクトの立ち上がりから一年間、浜のお母さんたちと二人三脚で、「つむぎや」の一員としてOCICAプロジェクトに携わってきました。

たくさんの方に支えられ、愛されながら、OCICAを取り巻く縁は広がり続けてきました。僕自身にとっても、今も強く自分を支えてくれているかけがえのない存在です。

是非、お手にとっていただければ幸いです。あなたのもとにも、幸せが訪れますよう。

———

whole

Produce: つむぎや
Design: NOSIGENR
Photo: Lyie Nitta
ネックレス(赤・青・茶) ¥2,800- (税込)
ピアス(赤・青・茶)¥5,800- (税込み)
本『OCICA –石巻 牡鹿半島 小さな漁村の物語』
詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。

Pocket

Leave a Reply

  • (will not be published)