[Lecture] 社会人のための休養とパフォーマンス講座

Pocket

株式会社「Campus for H」の研修プログラムとして、ビジネスパーソン向け研修「絶好調は、つくれる 〜 社会人のための休養とパフォーマンス講座」を実施しました。2014年10月20日、株式会社「DeNA」社員の方々を対象とした講座の一貫です。医学博士・イノベーションディレクターの石川善樹氏、元プロ陸上選手為末大氏と共に登壇しました。

開催レポートはこちらです。

巷でよく聞く健康法の功罪を科学的見地から解説し、寿命100年時代の健康経営のあり方をレクチャーした石川講師に続き、僕のパートでは、現役社会人として日々忙しく働く方々が、高いパフォーマンスを発揮するにはどういったマインドセットが重要なのかを心理学的知見からお話しました。

DSCN4255

Grit(グリット)と呼ばれる、ペンシルバニア大のダックワース教授が定義した、高い成果を出すために粘り強く一貫して努力を続けることができる形質を紹介し、Gritが人間の幸福観(快楽・意味・没頭)と、Big Five=五大性格因子(開放性、誠実性、外向性、協調性、情緒不安定性)とどのような相関を持っているのか、実際に日本で実施した研究に基づいてお話しました。

最後の為末講師は、前2名の話を受けて、プロ陸上選手として実践してきた目標設定やモチベーションづくりの経験値をお話しました。「”鋼の意思”を持つ人なんてほとんどいません。」という持論の為末氏。理想を抱きつつも、それに振り回されて一喜一憂せず、“ジャンプしてギリギリ届くぐらい”の現実的な目標設定と実践を地道に重ねることが大切だと語ります。

会場は満員御礼。100 人以上の方にご参加いただき、活発な質問も飛び出しました。

社会人向け研修にご興味のある方はお問い合わせください。

DSCN4239
  
  
DSCN4261
 
 
DSCN4243
 
 

Pocket

Leave a Reply

  • (will not be published)