[Event] トップアスリートに学ぶ、パラリンピック公式種目「ボッチャ体験会」

Pocket

IMGP7880
Photo by RACHI SHINYA

みなさんはボッチャという競技をご存知ですか?

ボッチャは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。 ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。(引用: 日本ボッチャ協会 http://japan-boccia.net/how_to_boccia.html )

IMGP7777
 
 
w

障害の程度によるいくつかのクラス分けがありますが、男女の区別なく、また障害によるハンディも少なく、幅広い人が楽しく公平にプレイ出来ることが魅力のスポーツです。
一方、投球スタイルやボールの選択、ボールを的に寄せていくまでの作戦など、非常に戦略性・競技性の高いスポーツでもあり、トップアスリートの試合では、ミリ単位の争いでデッドヒートが繰り広げられます!
 
パラリンピックをはじめとする国際大会では、長らく発祥の地であるヨーロッパ諸国が上位を占めていましたが、近年では中国、香港、韓国、タイなど東アジア諸国がどんどんと強くなっており、国際的にはますます盛り上がりを見せています。
 
ご縁あって、東京・千葉在住のボッチャ選手とそのご家族で結成されたチーム「Noble Wings」の皆さんと出会いました。チームの中には5人中2人のパラリンピック経験者がおり、それ以外の選手もユース大会などの国際大会出場経験がある、日本トップクラスの実力を持ったチームです。

IMGP7784

2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、チーム全員がパラリンピックに出場することを目指しています。しかし一方、ボッチャという競技の日本全体での認知度、競技人口を見ると、他国に比べてまだまだ少ないのが現状で、Noble Wingsの皆さんも、国内の練習・試合環境をもっと整えていくために苦心されています。

2020年に向けて、日本のボッチャをもっともっと盛り上げていきたい!ボッチャの楽しさを皆さんに体感してもらいたい!そんな思いで2014年8月30日に「ボッチャ体験会」を企画・開催しました。
 
 
IMGP7873

IMGP7781
 
体験会当日には15名以上の方にお越しいただき、選手によるパフォーマンスと説明のあと、各自ボールを持ってのボッチャ体験。最後はNoble Wingsのみなさんも参加してのごちゃまぜチーム戦。 

やわらかく、少し重みのあるボッチャボール。手を離れたその先の転がり、跳ね上がり、着地に一喜一憂の声が上がる会場。選手のみなさんと対照的に、僕は実にへったくそでしたが、とにかく夢中になって投げました。どんな人でも挑戦できる広さと、競技としての奥深さを感じた体験会でした。

Amazon.co.jpの「アスリート応援プロジェクト」にも参加しています。Noble Wingsはじめ、世界を目指すアスリートたちの活動を、ほしいものリストからの物資購入・プレゼントという形で支援できます。競技活動を続けるためには様々な用具が必要です。よろしければご支援いただければ幸いです。Noble Wingsのページはこちらです。

Pocket

Leave a Reply

  • (will not be published)