Tagged: November

Diary: 11/4/2012 Sun.

Overwhelmed with too many readings, assignments and exams this week. Schedules have been modified to complement missing classes during the Sandy holidays. Have to manage myself to survive…

ただただ思うのは、もっと人を愛せるようになりたい。
畏れの無い、直き心で。
求めるのでなく、与えられるように。

Diary: 11/3/2012 Sat.

When I got out the subway at the Pen Station, I felt as if I was in Tokyo. The platform of the station was so crowded, and that reminded me a typical scene of Tokyo(every morning and evening Japanese trains and stations are crowded). Still many people may have difficulty with their daily transportation, and guess that made this jam-up.

Had a dinner with my precious friend at an Korean restaurant where I and her met first two years ago. Thank you my dear friend.

2年前からこっちで世話になってるねーさんと晩御飯。なんだかんだ忙しくて、今年は9月の頭以降会っていなかった。久しぶりの再会。

「お互い、すっかり冬の装いで」
「もう冬の寒さだよ」
「前会った時は二人とも半袖だったのにね」
「そうだっけ?そんなに経ったかな」

時間の流れを感じさせない会話が心地良い。

恥ずかしくて笑われるんじゃないかっていう夢の話をしたら、
「なんで笑うのさ」って、ごく当たり前のように応援してくれたもんだから、勇気が出た。
たとえ時間がかかっても、執着しなきゃだめだな。

大事な友達。得難いよ。

Diary: 11/2/2012 Fri.

Weekend without any exam. A little relief, but the next week must be the toughest week for us with postponed homework and exams…

Tonight again I went down to midtown, and attended a reception by a senior photographer Junichi Takahashi, whom I respect and met with in Ishinomaki, north east of Japan after the disaster last year, and who lived and worked for 19 years in New York. The party was for introducing and celebrating his photo book “NIPPON-JIN” that shot many ”ordinary’ Japanese (more than 430 persons). He said that images about Japanese people from abroad tend to be stereo typical ones (such as Kyoto, Asakusa, Akihabara, or Geisha, Kabuki, Otaku etc.) even though we Japanese are with more variety. But when he lived long in NY, he said, he couldn’t tell about Japanese and Japan well when asked from others in New York (now I’ve lived in Tokyo for 4 or 5 years). So he started his shooting of Japanese in NY and Japan, without his own intention and message, but just shooting themselves. Even after the hurricane, about 20 or 30 people came in the party, and it was really warmful time.

NIPPON-JIN first viewing in New York City
and
casual Party celebrating the publication of NIPPON-JIN photo book
Portraits of modern Japanese 2012.

312 Gallery :
312 5th Avenue(bet 30th St X 31st St), 5F. New York, NY 10001
646-449-9255

Exhibition Schedule:
10/31-11/3
1200-18:00

Reception
11/2-18:00-21:00

お世話になっている写真家たかはしじゅんいちさんの写真集『NIPPON-JIN』出版記念パーティーで再びミッドタウンへ。試験も無いので気楽な金曜。来週その分しわ寄せが来るのだが…

じゅんさんは、19年間New Yorkで暮らしていた方で、今は東京に住んでいるのだが、写真の仕事で今もちょくちょくこちらに帰ってくる。不思議なご縁で、最初に出会ったのは去年の夏の石巻だ。お互い別団体の活動で石巻入りしたのだけど、共通の知り合いがいて繋がった。その後、牧浜や鮎川浜、新山浜もよく訪ねてくださって、写真を撮っていただいたり、商品販売の応援をしていただいている。じゅんさんが石巻に来るタイミングが、他の団体メンバーが不在の日だったことも多く、よく僕がアテンドしていた。石巻から牡鹿半島での道中でゆったりと色々な話をしながら、その頃からかわいがっていただいていたのだが、彼が住んでいた街に僕がこうして留学に来るというのも、なんだか面白い話だ。さて、その『NIPPON-JIN』の出版記念展示会、その他もろもろのお仕事のためにNew Yorkに帰ってきたじゅんさんだが、がっつりハリケーン・サンディと重なってしまって、会期の半分ほどが潰れ、色々な打ち合わせもキャンセルに。展示会は明日で終了というなんとも不孝なタイミング。しかし、そんな中でもこの日のパーティーには多くの人が集まってきて、楽しくあたたかい時間となった。

酒屋さんから寄付してもらったという、新潟と宮城のお酒(懐かしの一ノ蔵&浦霞!!!!)がお客さんに振舞われる。

『NIPPON-JIN』は、市井の様々な日本人の姿をそのまま収めた写真集。NYに長らく住んでいたじゅんさんは、海外から見た日本の典型的なイメージ(例えば、Kyoto, Asakusa, AkihabaraあるいはGeisha, Kabuki, Otakuといったような)と、実際には今やもっと多様化している日本人の見た目やライフスタイルとのギャップを感じたそうだ。しかし彼自身もNY暮らしが長いため、知り合いに日本について聞かれてもそれをうまく語れなかったと。だったら写真にそのまま語らせればいいか、とNYの友達から始まり、東京、東北…出会った様々な日本人の写真を撮り続ける活動を始めたそうだ。ポートレートの撮影においては、特に服装やポーズは指定せず、自由にしてもらっているとのこと。それがなかなか面白いことに、それぞれの味というか、生き方がよく表れている。

A picture is worth a thousand words.

NIPPON-JIN
NIPPON-JIN たかはしじゅんいち

A-Works 2012-04-25
売り上げランキング : 402908

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Diary: 11/1/2012 Thu.

Class restarted, and surprisingly, it is already November. After the Sandy, temperature feels to have dropped. Soon the autumn ends and clod winter is coming.

Half of the subway lines have restored, and today I took train for the first time after the hurricane. It was congested. While I was standing on the train, suddenly I realized my feeling had slightly changed. I don’t know how can I say, but I felt… now I’ve fit in this city a little more than ever. Due to the ‘co-experience’ of the hurricane with other New Yorkers? I felt, now I’m not completely an ‘alien’ from abroad, but I’m a New Yorker (though still a rookey). It’s just a self-feeling, but I think this is important change for me.

At night I went to a talk show of a Japanese photographer Yu Yamauchi. He spent 600 days on Mt. Fuji photographing sunrises a year, and this time an exhibition of his work was supposed to held on a gallery at Chelsea. But the gallery blacked out, and he had to go back to Japan tomorrow. So tonight’s talk show was held at a small room in midtown, without his photos but with a slideshow of his movie and photos.

He showed us the world with a perfect harmony and uniformity at Mt. Fuji above our city. I don’t know the word to describe the beauty of the scene…

You can see his photos soon after the black out of the gallery ended.
Here is the information of the exhibition:
Miyako Yoshinaga
547 West 27th Street Suite 204 New York NY 10001

This is Yu Yamauchi’s own website:
http://www.yuyamauchi.com/

Also, this is an English article to introduce his work at “Spoon & Tamago”
http://www.spoon-tamago.com/2012/10/25/yu-yamauchi-spent-600-days-on-mt-fuji-photographing-sunrises/

授業も再開、気づけば11月。サンディが過ぎて、また一段と気温が下がった。直に秋も終わって、寒い冬がやってくるのだな。着いた頃は夏服だったのに。

地下鉄も半分ぐらいが復旧。バスと同じく無料。けっこうな混み具合。電車に揺られながらふと、自分の感覚が少し変わっていることに気付く。なんと言ったら良いのだろうか…今までよりこの街に「なじんでいる」というか、フィットしているというか…自分が外から来た「異物」であるかのようなきまりの悪さをしばしば感じていたのだけど…なぜだろう、ハリケーンという共通体験があったから勝手にそう思っているだけかな、もはや完全なエイリアンではなくて、この街に暮らす(新米ながらも)ニューヨーカーの仲間入りをさせてもらえたかのような。勝手な思い込みだけど、そういう感覚の変化があったこと、今日この日にそれを自覚したこと、は僕にとってはきっと重要なことなんだと思う。

夜は写真家山内悠さんのトークショーへ。富士山に年間600日滞在して、ずっと定点観測で夜明けの写真と映像を撮り続けている方。本当はチェルシーのギャラリーに展示中の彼の写真と共にトークショーが行われる予定だったのだけど、ギャラリーも停電中(幸い写真は無事らしい)、彼自身は明日の便で日本に帰らなければならないため、ミッドタウンの小さな部屋を借りて開かれた。

ただただ美しい、全き世界を見せていただいた。僕らの頭上に広がる、富士の夜明けと宇宙の鼓動。
残念なことにまだそれを表す言葉が見つからないけれど。

個展の情報はこちら。停電から復旧次第再開とのこと:
Miyako Yoshinaga
547 West 27th Street Suite 204 New York NY 10001

山内さんご本人のウェブサイトはこちら:
http://www.yuyamauchi.com/

“Spoon & Tamago”というウェブサイトで彼の作品が紹介されている。
http://www.spoon-tamago.com/2012/10/25/yu-yamauchi-spent-600-days-on-mt-fuji-photographing-sunrises/