Tagged: 2012

Diary: 10/05/2012 Fri.

Manhattan Cruise at Friday night

Two exams finished! Just one month passed after the semester started. Today, a night cruise event was held by Mailman. Although I’m really ‘bad’ at dancing, beer, music and friends made me fun. That was so good night.

試験おわたー。2週連続で試験だったけど、毎週真面目に勉強していれば落第することはまずないだろう、ということは認識出来たので、少し気が楽になった。読むスピードはだんだん早くなってきたし。Aをたくさん取れるかとか、良い研究論文が書けるかどうかはまた別の問題だろうけど、試験やレポートの難易度自体は、過度に怯えるほどのものでもないと分かった。

学期が始まってちょうど一ヶ月ということで、大学主催のクルーズイベント。夜のマンハッタン島をぐるりと。船内ではDJが音楽を流してて、踊りたい人は踊って、食事や会話を楽しみたい人は別のフロアや甲板で過ごしたり。3時間の長いクルーズだったのだけど、けっこう楽しめた。まだネイティブ・スピーカーの日常会話についていくのは大変だけど…

しかし、ダンスはあれだ、我ながら下手だ。まぁ僕のことをよく知る人なら想像に難くないだろうけど、極度の運動音痴でして、ダンスのセンスなんか皆無でござんす。なんというか、上半身と下半身が別々に動いているような感じのぎこちない動きになる。
うーん、留学中のテーマが一つ出来たな(笑)クラブでのダンスぐらいほどほどにできるようになりたい。。
たぶん学校の成績でA取るより大変だと思う。僕にとっては。
クラスメイトに連れてってもらうか。毎週のように行ってるようなやつもいるだろう。

3時間のクルーズだったのだけど、意を決して後半1時間半はずっと屋内のダンスフロアにいて奮闘してたその意気込みだけは褒めてやりたいw下手だったけど。何名か、リードしてくれた女性がいて、ありがたいやらなさけないやら。

Diary: 10/04/2012 Thu.

My department, Health Policy and Management Department held a luncheon event. We had a chance to talk with the second year students and faculty, and listen to several experience of the second year students’ summer practicum. Summer in next year sounds to be far from now, but soon orientations about summer practicum will start, and students have to prepare for interviews. October is not too late, one of the seconds’ said, to start searching for information of organizations that interested in and contacting officers and alumni. Time flies too fast, with daily core study, but I should keep in mind next year’s plan, and start my preparatin.

ランチタイムに学部主催のランチオンイベントがあった。2年生や教職員とピザ食いながら交流して、Summer Practicumの説明や、何名かの2年生の体験談を聞く会。Summer Practicumというのは、2年の夏に全員がやるべきカリキュラムの一貫で、公衆衛生に関わるどこかしらの組織(国内外問わず)でのインターン・実習的なことをするというもの。卒後のキャリアにも少なからずつながったりするようで、かなり重要なようだ。日々の勉強でまだまだ手一杯な感覚なのだけど、気になるところのサイトを観に行ったり、人に会って話を聞いてみたりと、今から候補を絞り込んだり面接準備をする必要がありそうだ。僕の学部は1年半で終わる修士プログラムだから、ボーっとしてるとあっという間に時間が過ぎていく。だんだんリーディングのスピードの早くなってきたし、ディスカッションでもそれなりに意見を交わせるようになってきたから、少しずつ余裕も出てくるのだろうけど。

Diary: 10/03/2012 Wed.

ISP-Smallpox vaccination program case study

Although most of the coure courses this semester are lecture classes, we have one discussion class within a small group on wednesday. ISP, Integration of Science & Practice is the one. Every week, we take one topic with one real case, and discuss that based on each stakeholders’ perspectives. This time, we dealt with the smallpox prevention program during the Bush Administration in 2011 and 2012. Smallpox is an infectious disease which was already declared to be eradicated by UN, though past public health efforts. But after the 9.11 terrorist attack, Bush Administration implemented smallpox prevention program, insisting that there is a thread of bio-weapon attack using smallpox virus by terrorists and hostile nations. States had to implement this program involving so many actors such as physicians, nurses, public health officers as the first responders. The operation cost (money, time and human resource) of the program was too high and the requirements of the federal government had to be completed within a tight schedule. Also there were risks of side effects of smallpox vaccination, but the issue of compensation was kept unclear without enough answers and plans by the federal governments to the concerns and questions from states.

From many points of view, the smallpox prevention program by Bush Administration seemed really unrealistic and ineffective, I felt. But imagining the mood of that time after 9.11, there was a political situation which enable to implement such program, under the name of national security.

A public health issue and practice is not possessed by public health professionals only. Always it can be political, economic, social matters at the same time and there must be complex interaction of various stakeholders.

今学期の授業は大半が大教室での講義形式の授業なのだけど、週に一度、ディスカッションのクラスがある。ISP- Integration of Science & Practiceという名前のコースで、実際のケースを扱っての議論やロールプレイを行う。この日はブッシュ政権時代に取られたSmallpox=天然痘に対するワクチン接種のプログラムについて。天然痘って、昔は猛威を振るった恐ろしい感染症なのだけど、すでに根絶された病気で、今は予防接種は行われていない。WHOの合意にもとづいて、世界各地の研究所で保有されていた天然痘株も順次廃棄されていったのだけど、アメリカは今現在もそれを備蓄している。
廃棄方針をアメリカが撤回する要因となったのは、2011年9.11の同時多発テロ。ブッシュ政権が、テロリストや敵対国が天然痘ウイルスなどを保有し、それを利用したバイオテロを企てている危険があるとして、ワクチンの接種を進めようとした。
連邦政府の出した方針に従って、州政府がワクチン接種のプログラムを実施しなければならなくなったのだけど、色んな面でオペレーション上負担が大きく、かなり無理がある内容だった。もう予防接種が終了した天然痘のワクチン接種を再開するということは、新たな金銭・時間・人的資源が必要になるわけで、実行のためのオペレーションも一から組み直さないといけない。また、現在では誰もワクチン接種をやっていないゆえに、ワクチン接種によって天然痘自体の感染が拡がったりその他の疾病が引き起こされる可能性もある。つまりこのプログラム自体にも健康リスクが発生するわけだ。プログラムの計画では、まずは医者・看護師・公衆衛生関係のプロなど、バイオテロが発生した時に免疫を持っていて人々を助ける必要がある人にワクチン接種をし、その後警察官や消防士など、順次進めていくということだったのだけど、上述のような健康リスクがあるのに、もしもの場合の補償の基準(誰が、どう補償するのか)が不明確なまま、タイトなスケジュールでの計画実行を連邦政府から要求されたものだから、もうなんか色んな面で無理がありすぎる計画だったわけ。

時間を置いて、現在読んでみると、なんとも非現実的で愚かな政策だなぁと思えるのだけど、テロ直後の当時の政治・社会状況においては、このような政策もまかり通ってしまうような土壌があったのだろう。

公衆衛生上の課題や実務は、決して公衆衛生のプロだけが判断・対応する話ではなくて、それは常に政治的・経済的・社会的なイシューでもあり、それゆえ多様なステークホルダーの影響を受ける。実に複雑多様である。

Diary: 10/02/2012 Tue.

It’s so hard to dealing with preparation for classes, homeworks and study for exams concurrently. One of a lecturer said, although the first semester is tough, you will be accustomed and then feel better from the second semester. I hope so, but it’s still not.

Pickled vegetables in vinegar at home, as I thought I should save my time to study. These kinds of long-lasting food will be helpful to keep my study time and at the same time take tasty and healthy diet. If I ate junky food only, I never stand!

予習と宿題と試験勉強を同時にこなすのはやはりなかなかキツイ。授業中に先生が、最初の学期は大変だけどそのうち慣れてきて楽になりますとは言っていたが。そうなることを願う。

野菜をお酢に漬け込んでピクルスを作った。調理時間を短縮しつつも、きちんと栄養摂らねばと思い。炊飯器も便利だね。米と一緒になんでも炊ける。ジャンクフードの誘惑には負けず、健康的なアメリカンライフを送るSHOZON

Diary: 10/01/2012 Mon.

Monday is hard for my schedule with 3 core classes and 1 elective writing class. In the writing class, I’m supposed to write one paper during the semester. Today’s writing workshop took more than 2 hours started from 5:30pm…I should decide my topic and research question, and make schedule so that I can finish my paper by December. Now I’m thinking about planning a comparative research about past nuclear plant accidents.

月曜は授業が4コマあってなかなか大変。必修の講義3つに、自分で取ったライティングのクラス。学期中にresearch paperを書き上げるところまでいくから、けっこう頑張らにゃならん。ここ2週間ほどで研究テーマを絞っていく必要がある。今日の時点ではまだざっくりとしたアイデアしか持てていないのだけど、過去の原発事故の健康への影響について比較研究してみたいと考えている。

Diary: 09/30/2012 Sun.

I enjoyed running around the area near my dorm, 168th 140th street. It was the first time to do exercise after coming to NY. Focusing too much on studying at desk makes my view, mind and body stiffened up. I should have time to run regularly. While I’m running around the streets, I see local people enjoying their holiday. A chatting young men group, elder men playing a board game, running children being looked after a mom, smokers, lovers… I realized, I’ve rarely known about this town outside the campus yet…although such might be a life of graduate student.

こっちに来てから全く運動をしていなかったものだから、ランニングに出た。168thから140thあたりまで下って、それからまた戻ってくるコース。ボードゲームに興じる老人たち、煙草を吸いながらダベる若者たち、走り回って遊ぶ子供たちと見守る母親、佇む恋人…
1ヶ月程経ったが、キャンパスの外の「ご近所」のことはまだほとんど知らないなぁ、自分は。大学院生なんてそんなものかもしれないけれど。

Diary: 09/29/2012 Sat.

Weekend after the first exam, spent a restful time, and refreshed myself.

Composed a bookshelf from IKEA. Now my room has at least necessary furniture to live and study. Lease with the dorm will expire in May 2013, and usually I only stay in my room at night and morning. I don’t need so many things to live.

Skyped with my partner in Japan. After speaking a lot of things for us, we found almost 5 hours had passed.
Thanks to you, I’m released and satisfied.

試験終えての週末。心と身体を休める。

IKEAから届いた本棚を組み立てた。これでひとまず自室に最低限必要なものは揃ったと言える。洒落っ気の無い部屋だが、寮の契約期間は5月までだし、朝晩ぐらいしか部屋にはいないわけだから、十分だ。金がかからなくて良い。

久しぶりにスカイプでゆっくりと話す。太平洋と13時間の時差を越えて。便利なものだ。
こわばっていた心がほどけていくのを感じる。気づけば5時間ほど経った。

Diary: 09/28/2012

Finished Biology test!!!!! I was so exhausted with test and three classes today… The test result would be, not so bad, but… not so good also. Anyway, I’m released. This is Friday. Tonight, I went to Jazz Standard with one of my friend to enjoy the concert of Gerald Clayton Quintet.

The quintet is composed of young jazz musicians, and their style and rhythm felt a kind of contemporary one, compared to “orthodox” jazz sounds which I’ve known. So, it was a little “difficult” to groove smoothly for me… but it was really wonderful performance. I enjoyed myself.

Between the test and concert, I spent a time to talk with one of my classmate(she’s from China, and seeking ways to keep studying or working in U.S. after graduation), and then with the friend I went to the concert with about my career path. Although my talk was quite discursive they kindly listened to my voice, and that made me feel easy. He said, “Doing what you are interested in will lead to the just way, someday.” Yeah, that’s true. Don’t be worried too much.

試験と授業3つ、なかなかハードな一日だった。初の試験だったが、まぁ少なくとも単位は大丈夫だろう。ほどほどの出来だと思う。外国語での試験で、選択式でなくて文章を書くタイプ、日本語で書くのとは多少勝手が違う。語彙だけでなく、文章として頭に入ってなきゃ書きあぐねる。なんとなく感覚は掴めたから、次回はよりしっかり準備して臨めそう。

先月、こっちに到着して直後に再会した、例のフォーダム大学の友人に誘われて、Jazz Standardのライブへ。Gerald Clayton Quintet 
若手のチームで、曲調もオーソドックスなジャズとは少し違ったものだった。ジャズは、めちゃめちゃ聴くというわけでもないけど、有名どころ、大御所の名前や曲はまぁ知ってる、という程度の親しみ度合いなもんで、こういう玄人向けというか、新しいというか、現代アート的な位置づけであろうサウンドには馴染みが薄かったから、ちょっと難しかったけど、楽しめた。ステージ真ん前のめっちゃ良い場所にあたって、なんとも贅沢な時間だった。

授業とコンサートの合間に、留学生の同級生とキャンパスで、それからライブ前に合流したその友人と、ひとしきり進路やらなんやらについて話した。ずいぶんととりとめのない話になったけど、しっかり聴いてくれて、ずいぶんと気が楽になった。

「まぁ、好きなことやってったらそのうち繋がるんじゃない?」
せやな。。
どの会社に入るとか、どの業界に行くとか、そういったことだけで充足・解決される類の悩みや関心ではないからな。。
裏を返せばどこで何やっても自分なりに納得して試行錯誤出来る環境ならそれで良いとも言える。
まぁ、なんとかならぁな。

そういえば、ジャズ行く前に、Times Squareでゴーゴーカレー食べました(笑)カツカレー$7なり。安い。

Diary: 09/27/2012

The first time of Quantitative Foundation “Lab.” sessions. We are divided into several rooms, and composed of small groups with 4-6 members. From this week, we have two Lab. sessions every week, and do practice for statistics and epidemiology, cooperating with teammates. Case discussions in other modules are still a little hard for me to catch up with, but quantitative theory is quite simple and I felt I could do better this time. The groupwork with teammates was also fun. Hope to enjoy further sessions with them.

Tomorrow is our first exam, Biology!!!! Work!!!

ディスカッションや統計・疫学の実習で同じグループになるクラスメイトとだんだん打ち解けてきて、少しずつ楽しさを感じるようになった。良い傾向。

明日はBiologyのテスト…!
大学で試験なんて、2年ぶり。