Tagged: 2012

Diary: 10/14/2012 Sun.

My former teacher at a seminar of the University of Tokyo (actually he’s still teacher for me even after his retirement) came to New York, and had dinner with him and other alumni students at a french restaurant near the Lincoln Center. Whenever I meet him, I fell secure, and cannot help talking about personal matters…

Well, here Columbia is a wonderful place to learn and build my capacity to work as a public health professional. But not only that this one and half year term of staying abroad must be an import “personal” term to think deeply again about myself – identity, worth of living, role in society, relationship with others. Calm down, and walk moderately.

駒場のゼミの頃からずっとお世話になっている船曳先生と、NY在住のゼミ生(&奥様方)で夕食会。リンカーンセンター近くのフランス料理屋。「退官しても教師の癖が抜けないな」と先生もおっしゃっていたけど、どこで集まっても(8月は石巻だった)、どこへ旅行しても、先生は相変わらずで、その場を共にするゼミ生もキャンパスでのゼミと変わらぬノリで、居心地よく話す。

「人間にはインテリとオタクとヤンキーの三つの極があって、君は東大には貴重なヤンキー。」
だなんて話があって、少し前にメールでその単語だけを聞いた時は「まさかぁ」と思ったけど、昨日、その言わんとするところがなんとなく分かった。

このブログはさておき、隙間時間に、憑かれたようにして色んなことを紙に殴り書きにしている。ごくごく個人的なことばかりだが、少しずつ見えてきた。今日、ふと去年の3月からのことを思い出して経緯を書き付けてみた。自分は落ち着いている方だ、と当時は考えていたのだけど、やはり様々な判断や行動、周りの状況を振り返るに3月から8月頃までは”異常な”時期だったと感じる。それを正当化したいわけではない。しかし、あまりにも短い時期に、たくさんの人と出来事に繋がりすぎたためか、短くしかし急激な躁(3~5月)と鬱(6~8月)がやってきていた。今日、初めて「そうか」と理解したけど、去年の9月からの1年は、本当に自分にとって、セラピーだったのだと思う。良い方向へと向かうきっかけが、色々と同じタイミングで起こったのだった。

修士の1年半、勉強や実習はもちろんのことだが、改めて自分のことを見つめなおすべき時期なのだと思う。自分の過去・現在・未来、アイデンティティ、畏れや怯え、喜びや希望、社会の中での役割、他者との距離、愛情…それらをよく見つめなおし、抱きしめる必要がある。

自由とは、きっと受容の先にあるのだ。

期限やスピードで区切れる話でもないから、根気よく付き合っていくしかないな。

ポレポレ。

Diary: 10/13/2012 Sat.

Spent most of the day for reading articles and thinking about paper for writing course. I’m thinking to take mental health problems after disaster, and write a review paper(cos it is not feasible to do a new research by myself within a one semester). I couldn’t do well other things such as review of skipped classes, pre-study for next week classes and homeworks… Don’t need to be too nervous but, a little frustrated.

ライティングのコースで短い論文を書くことになっているのだけど、そのための下調べ等々で一日の大半が終わった。他の積み残しはほぼそのまま。。

Diary: 10/12/2012 Fri.

Exam finished!!! Now we gonna have two weeks without exams(after that of course there will be…). After the exam today, I talked with a few classmates, and found they had the same feelings as me. Most of exam questions too general, so we were not sure what we’re supposed to answer. Also, every week, we miss the classes in the morning on Friday before the exam, and worried about being behind… Anyway, time is limited. I shouldn’t be a perfectionist who can do everything (pre-reading, study for exams, homeworks and other things) for one week.

At night, I met with one of my classmates at the University of Tokyo Law department in Washington Heights. He came to New York state from this fall and is going to language school to learn English. He seemed suffering his study, and frustrated with troubles with his roommates. I understand what he complaints, but only we can do is to survive here in a foreign country. If he wants to be released from his suffers, he has to brush up his English, and then go up to a higher level class where is better environment. Well, good luck with each other.

3週連続の試験終了。ここから2週間だけ、試験無しの期間。束の間。試験後にクラスメイト数人と話す。どうにも似たような違和感や不満を抱いていたようだ。試験問題が曖昧すぎて解答しずらいとか、試験の日の午前中の授業に出られなくて(まぁこれは極論自己責任と言われるかもしれないが)積み残しが増えていくのがストレスだとか。まぁ、時間とキャパは限られているから、完璧主義になっても仕方ないか。予復習と宿題と試験、その他個人的なことなど…同じ週で完璧に全部処理出来ると思わない方が良いのかも。最終的になんとか帳尻合うように、優先順位つけてやってくしかない。そこも含めて、自己管理だなぁ。

東大の同期の友人と晩飯を食う。語学留学でNY州に来ているので久しぶりに会った。ホームステイ先から学校まで片道一時間半、門限があって時間に自由がないことや、ルームメイトとのトラブルや、なかなか疲弊している様子だった。その状況にはおおいに同情するところだけど、話を聞くに、彼が直近で出来ることは英語力を上げることしかないのだな。学習環境が良い上のクラスにいくとか、ホームステイ先を出て自分で過ごせるようになるためにも。
それまでの経緯を聞くに、モヤモヤした上にあまり精査も出来ずモラトリアム的に来てしまったような語学留学だが、まぁ来てしまった以上はその期間で出来る最大限のことをやるしかないし(ほんとに酷かったら、お金もったいないけど、帰っちゃうという選択肢もあるが…)。
ちょくちょくメシでも食いましょうということで、その日は別れた。お互い元気で生存しましょう。

Diary: 10/11/2012 Thu.

During the lunch time, there was a general body meeting of a student group “Group for Community Recovery.” As I’m keenly interested in community based researches and actions, their activities seemed quite exciting. I want to take part in as much as possible.

Tomorrow is an exam day. Every week days pass so fast…

ランチオンイベントで、”Group for Community Recovery”というstudent groupの集まりに参加した。興味分野にガチっとはまった活動をしていたので、今後色々と参加してみたいと思う。キャンパス周辺のワシントン・ハイツでも色々な取り組みをやっているそうだ。

明日は試験。平日は本当にあっという間だ…

Diary: 10/10/2012 Wed.

Today I’ve started working as a language maintenance tutor at Columbia, and met with my counterpart student who wants to speak Japanese. He’s MBA student, 4 or 5 years older than me, and really good at Japanese(I felt I don’t need to ‘teach’ anymore!). Tutoring session is mainly for general speaking. We decided to meet once a week and have a session to take one or two article or essay to discuss each time.

As this is the first time, He and I self-introduced with each other, and surprisingly, he’s friend with one of my friends in Ogatsu, Ishinomaki, where I worked last year! Awesome! He went to Ogatsu and participated in volunteer activity, and become friends with her. It’s a small world! Anyway, it was really nice meeting and my tutoring work must be exciting.

語学のチューターに登録していたら、先週担当する相手が決まって、今日初対面。というわけでモーニングサイドキャンパスへ。やっぱりこっちは、広々としていて実に「キャンパス」である。

相手はMBAの1年生。僕より4,5歳年上で、日本での留学・職務経験も豊富な人だった。物腰柔らかく、何も「教える」必要はないぐらい堪能な日本語であったので、10回のチューターも、会話をベースにやりましょう、ということに(アメリカに戻ってきてから日本語を使う機会が無いので、忘れないようにしゃべる機会を作りたい、という希望で彼もチューターを探していたので)。いつも雑談というのもあれなので、毎回何かしらニュース記事などをお互い読んできてディスカッションでもしようかということに。

今日は初日だったので、お互い自己紹介をしたのだけど、これまた驚いたことに、石巻・雄勝で一緒に活動していた千鶴さんと友達なんだと。It’s a small world!!! 牡鹿半島には行ったことが無いけど、ボランティアで何度か雄勝での活動に参加していたらしい。もう、ほんとビックリしたし、なんか運命じみたものを感じて、勝手に感動してしまった、ひとしきり、東北や東京の話で盛り上がった。合計10回のチューター活動なのだけど、来週以降とても楽しみだ。

彼と別れた後は、そのままButler Libraryに移動して勉強して、11時半頃にメトロに乗って帰路に着いた。彼と話したのはビジネススクールの図書館の部屋だが、図書館なのに、みんな活発に会話を交わしていて、こちらの図書館とはずいぶん雰囲気が違った。なんというか、実にMBAっぽい空気。「おっきなミーティングルームみたいなもんですね」と彼も言っていた。スクールによって全然カラーが違うものだな、と改めて。

知っていることが増えても、それは「分かった」ということと必ずしも一致しない。そもそも、知ってもいないことばかりだが。

プロフェッショナルスクールゆえ当然と言えばその通りなのだけど、学ぶことを実務・実践へ接続することを絶えず求められる。とはいえ、どうにか立ち止まって「考える」ことをしなければ、大切なことを逃す気がする。

勿論、今ここで学んでいることは貴重な経験だし、とても恵まれた環境だと思う。ただ、時間の密度というのと、思考の深度というのは、また別の話だから。思考が発散すると危ない。しかしそれは、自分でどうにかするべきことだな。

Diary: 10/09/2012 Tue.

Had a meeting with my academic advisor Dr. Michel Sparer, and talked about my certificate and summer practicum option. It was good for me to know, even in my department Health Policy and Management, I can choose a field-oriented project as my summer practicum. As I’m interested in social and environmental factors of disease, and as a way of approach, empowerment and inclusion of people in local community. Maybe I would choose to work in a foreign country (Asia, Africa, U.S., Europe, Latin America etc.) instead of go backing to my country Japan in the next summer. That must be precious experience for me to work in a different place. Anyway, I should check out the past summer practicum projects and find interesting field and organizations as my options.

アカデミックアドバイザーのDr. Michel Sparerにアポを取っていたので、オフィスを訪ねて色々相談。この先生、学部長でもあるので、ちょっと緊張した…いつも以上にたどたどしい英語になってしまい、もっとちゃんと話す準備してから行くべきだったなと少し反省。レジュメと、興味関心・相談事項を箇条書きにした紙を持っていったので、それ読みながら話を聞いてもらったから意図や相談趣旨は察していただけたが… 僕が所属している学部はHealth Policy and Managementというところなのだけど、Certificate(学部のなかの細かい専攻)も分かれていて、まだ決めてない人は来月までに決めなければいけない。うちの学部のMPHでは、政策分析 Policy Analysis、効果の比較研究Comparative Effectiveness and Outcome Researchのどちらかを選べるのだけど、たぶん前者になりそう。それから、MPHでは修論は課されない代わりに、夏にPracticumという実習のようなインターンのような期間がある。2ヶ月ほど、どこぞの機関に自分で出願・マッチングして働きにいくっていうプログラム。せっかくなので、日本ではなくどこか海外の国で働きたいなと思っている(代わりに年末年始は帰国予定)。とりあえずこれから過去の卒業生のPracticumの一覧などをチェックして、色々調べていこうと思う。

Diary: 10/08/2012 Mon.

Surprisingly cold morning! When I went to the morning class, I found a lady classmate already wear a coat and realized again, here NY gets cold much faster than Tokyo. In a good timing, I received my winter clothes sent from mu home in Japan. Well, I’m ready for winter.

Today we had a international students luncheon event. About 20 to 30 classmates gathered at Hess Commons. Looking around the room, about half of them were those who I’ve already seen once, or talked before, and I could see who are ‘international’ students. Interestingly, or naturally, whether he or she is ‘categorized’ as an international or domestic student, is not necessarily judged at glance from their appearance and voice. Different from my country Japan, here I easily feel what is globalization and how people mingle within a society.

起きて外に出たらびっくりするぐらい寒い。おいおいマジかよ、冬服まだ届いてねーぞ、と焦るぐらいの気温の変化。まだ10月上旬なのに。コートを来た女性のクラスメイトを見かけて、改めて、ここは東京より早く冬がやって来るんだなぁと実感。
と、いうところにタイミングよく日本から冬服が届いた。これでなんとか越冬出来そう。

昼休みには留学生が集まってのランチ。入学した頃より、だいぶたくさんのクラスメイトの顔や名前を認識してきた頃に、改めて「留学生」だけという枠組みで集まると、自分の中でのイメージと、実際のカテゴリーのギャップが感じられて面白い。前にも触れたけど、アメリカ人っぽいとか、留学生っぽいとか、一瞥して予想出来るような見た目やイントネーションの子ばかりではないので、「あ、あの子も留学生だったんだ」とここで始めて理解するような相手もしばしば。彼/彼女の法的なステータスが何か、ということと、彼/彼女のアイデンティティとしてどんな社会的・文化的・民族的要素が重要な位置を占めているかというのは、重なる場合もあるが、別次元の話としてある。日本の中にいたって当然にそうなんだけど、見た目や話し方がかなりの程度で近似しているから、日本ではあんまりそういうことを意識しなかったりする。

Diary: 10/07/2012 Sun.

Compared to a little warmer Saturday, suddenly it has been a cold day with rain. Soon my clothes for winter will be delivered from my home in Japan. I keenly wait for them.

Studied for Monday’s classes and finished homework for the course of Health and Behavior which deals with various behavioral and cognitive theory. The homework required us to analyze which kind of behavioral theories and constructs can be applied to this article(Kim Severson(September 24, 2010). Told to Eat Its Vegetables, America Orders Fries. The New York Times, Retrieved October 7, 2012 from: http://www.nytimes.com/2010/09/25/health/policy/25vegetables.html ) . It was interesting, but at the same time felt serious point that a report introduced in the article suggest that one of the reasons why Americans do not eat vegetables(that do not include French fries) is they do not have enough time and ability to cook vegetables at home and prefer to eat tasty and convenient foods sold at shops and restaurants. As the generation goes down and modernization progresses, the more activities that originally played by private family level including cooking become outsourced by industry. It seems to be, and to some extent it actually is, efficient and convenient. However if these process progress excessively, basic literacy and wisdom for human beings to live by themselves would be lost. Then what should they do if they were attacked by natural or man-made disaster and lost lifelines and convenient shops and restaurants? This is not only public health problem, but is a disease of modernization as a whole.

土曜日は暖かかったのだけど、打って変わって寒い一日。しとしとと雨も降る。直に日本から冬服が届くはずだが、早く来て欲しい。

終日、予習をしたり宿題を進めたりした(あと溜まってた分の日記を書いたり…)。美術館にでも行こうかと思っていたけど、残念。来週どうにか時間を作りたい。宿題が出ていたのは、Health and Behaviorという授業で、行動主義心理学や認知心理学に関係する内容。人々が健康に良い、あるいは健康を害する行動をとる上での、態度や思考プロセスの形成過程・結果などを扱っている。学部生時代の専攻ではなかったが、参加していた読書会でよく扱った分野でもあり、見覚えある論理にしばしば出くわす。当時の勉強がちゃんと頭に入っているかはさておき…
で、New York Timesのこの記事(Kim Severson(September 24, 2010). Told to Eat Its Vegetables, America Orders Fries. The New York Times, Retrieved October 7, 2012 from: http://www.nytimes.com/2010/09/25/health/policy/25vegetables.html )が宿題の題材。アメリカ人がなっかなか野菜を食べないもんだから、その原因は何なのだろうってな調査の結果を紹介している新聞記事です。時間なかったので、紹介されている論文・レポートは参照出来ていないけど、記事に概要がまとめられていてなかなか面白いので英語いけるひとは良かったら読んでみてくださいな。
勿論それが全てじゃないが、紹介されている要素のひとつとして、仕事が忙しい・野菜を美味しく食べるための調理スキルが無いといった、個々人の環境・能力の問題があった。で、その一方で早くて安くてお手軽に外食が食べられるもんだから、なかなか家で野菜を食べるということにならずに、そっちに走っちゃうと。
日本は幸いなことに、肥満大国アメリカと比べればまだまだ健康で、野菜もよく食べている方だと思うけど、これから世代が下って、家で自分で料理が出来ない親が増えていくと、ちょっと心配だなぁ、と感じる。肥満や糖尿病って極めて現代的な疾病で、同じく先進国の日本も無縁とは言えないからねぇ…
季節ごとに旬の野菜があって、素材を活かすための料理技術が歴史の中で発展してきて、一般家庭にも相当なレベルでの食事・料理の習慣がある…そんな日本の文化資本を、どれだけ守っていけるか。

Diary: 10/06/2012 Sat.

Met a Japanese (but already U.S. citizen) senior man to whom I was introduced through email by one of my Japanese elder friend in Japan. He lives and works in New Rochelle as a teacher. At a starbacks near the Grand Central station, we talked for an hour, and he gave me several advice about NYC life and study in grad school. As my interest is clear, he said, I don’t need to worry too much about my career after graduation, and sooner or later dots will be connected.

日本でゼミの先輩を通してメールで紹介してもらった方と会ってお茶をした。その先輩がNYに留学していた頃に知り合った仲だそうで、その方も日本人なのだけどすでに米国籍を持って学校で先生をしている。大学生活やNYでの生活に関して色々情報・アドバイスをいただく。それからちょっとした進路相談。もやもやしてたのだけど、「繋がる時は勝手に繋がるし、やりたいことも明確なんだから、好きなことやりなよ。」と結局そういう話になって、まぁそんなもんだよな、と。Summer practicumやインターン、学部での専攻は、無理に日本に帰って役に立つかどうかなど考えない方が良いのだろうな。