Diary: 2018/05/26

Pocket

財布を落としたんだけど届けを出したら1日で見つかってしかも中身も全部無事みたいな平和な出来事があったわけですが、それにしたって僕、お会計をして、お店を出た直後にタクシー捕まえて乗ったのに、そのわずか5歩ぐらいの間で落とすとかまったくどうかしてます。

とある研究会で佐藤研吾に福島県大玉村の「歓藍社」について話してもらって、やはり非常に面白いし、近い内に僕も行かねばなという思いを強くした。リーダーが不在で、かかわるそれぞれにある「ひょんな」きっかけで、ゴロゴロと玉を転がしながら、遊ぶようにして色々な物が生まれ、交わっている。村全体に「藍染め」を通じた通年のリズムがあって、そういう、ひとつの型が決まった循環の中に遊びが生まれるというのが、とてもおもしろい。

アマチュアの語源はアモーレ、愛することだという話を聞いて、その瞬間に僕の中でなにか風景が広がったような感触を得た。

ビジネス・パラダイムも、産業構造も、その土地に暮らす人の生活原理も、一人ひとりが信望する物語も、あらゆる局面において、なにか「たったひとつ」のものが過去に取って代わるということはなくって、重曹的に、多層的に存在している。しかし、時代が変化していくに応じてどんな物語が存在感を増してくるのかという違いはあるし、また自分が何に力点を置いて行動するかを選ぶ余地は十分にある。

愛着や楽しさに突き動かされて、軽やかに、遊ぶように越境していくアマチュアたちが、どうやって出会って、どんな波を起こしていくのかが、とても重要になってくるように思う。

「なんにもできない人」「何者でもない人」であるということを、もっとポジティブに捉えられる社会になるといいなと思う。

僕はたぶん、どれだけヘラヘラしていられるか、ということが、とても大事で、それは自分が心地よいという意味だけでなく、周囲に対してなにか良いものをもたらすためにも、という意味でだ。

目標と役割を置くことの意義は否定しない。ただ僕の場合、予定調和的に現実を追いつかせていくための諸々のケアにエネルギーを取られると、あんまりよくないことがもうわかってきているので、そのあたりの塩梅というか、てんでばらばらに放牧してても大丈夫でっせみたいなそういう状態をはやく作りたいなぁと思ってあれやこれやがんばっている気持ち。

Pocket

Leave a Reply

  • (will not be published)