Diary: 10/23/2012 Tue.

Pocket

Environmental Determinants of Health lecture today was about obesity. It was so surprising speed of increase of obesity rate in U.S. from the late 20th century to 21th (here you can see visuals). But I felt it is not ‘nothing to do with’ my country Japan. So far now we don’t have high obesity rate, but major causes of obesity are today’s changing behavior and lifestyles in developed countries, and we Japanese people also has risks to be obese. Gradually I’ve been more interested in obesity phenomenon and background causations. This matter is related to various areas such as food education, urban design and social marketing that promote healthy behavior and exercise etc.

今日の授業で肥満の話が出たのだけど、80年台後半から2010年にかけての肥満率の変遷がすごい。このページの下部でビジュアルになっているのを見ることができる。CDC (Centers for Disease Control and Prevention)の統計。しかし最近、日本にとっても他人ごとではないなぁと思うようになってきた。肥満の要因は生活習慣の変化によるところが大きい。車移動、パソコンでの座っての仕事、高カロリーの外食回数の増加…程度の差はあれ、都市部ではよく見られる生活習慣だから、日本人も気をつけないと… 肥満について関心が出てきたのは、それがもたらす健康被害のみならず、対策に必要な取り組みが、人間の生活環境に根ざしたものでなければならず、食育、都市デザイン、ソーシャル・マーケティングといった領域に架橋されるからだ。なかなか面白い領域だと思う。

Pocket

Leave a Reply

  • (will not be published)