Diary: 10/09/2012 Tue.

Pocket

Had a meeting with my academic advisor Dr. Michel Sparer, and talked about my certificate and summer practicum option. It was good for me to know, even in my department Health Policy and Management, I can choose a field-oriented project as my summer practicum. As I’m interested in social and environmental factors of disease, and as a way of approach, empowerment and inclusion of people in local community. Maybe I would choose to work in a foreign country (Asia, Africa, U.S., Europe, Latin America etc.) instead of go backing to my country Japan in the next summer. That must be precious experience for me to work in a different place. Anyway, I should check out the past summer practicum projects and find interesting field and organizations as my options.

アカデミックアドバイザーのDr. Michel Sparerにアポを取っていたので、オフィスを訪ねて色々相談。この先生、学部長でもあるので、ちょっと緊張した…いつも以上にたどたどしい英語になってしまい、もっとちゃんと話す準備してから行くべきだったなと少し反省。レジュメと、興味関心・相談事項を箇条書きにした紙を持っていったので、それ読みながら話を聞いてもらったから意図や相談趣旨は察していただけたが… 僕が所属している学部はHealth Policy and Managementというところなのだけど、Certificate(学部のなかの細かい専攻)も分かれていて、まだ決めてない人は来月までに決めなければいけない。うちの学部のMPHでは、政策分析 Policy Analysis、効果の比較研究Comparative Effectiveness and Outcome Researchのどちらかを選べるのだけど、たぶん前者になりそう。それから、MPHでは修論は課されない代わりに、夏にPracticumという実習のようなインターンのような期間がある。2ヶ月ほど、どこぞの機関に自分で出願・マッチングして働きにいくっていうプログラム。せっかくなので、日本ではなくどこか海外の国で働きたいなと思っている(代わりに年末年始は帰国予定)。とりあえずこれから過去の卒業生のPracticumの一覧などをチェックして、色々調べていこうと思う。

Pocket

Leave a Reply

  • (will not be published)