Diary: 10/08/2012 Mon.

Pocket

Surprisingly cold morning! When I went to the morning class, I found a lady classmate already wear a coat and realized again, here NY gets cold much faster than Tokyo. In a good timing, I received my winter clothes sent from mu home in Japan. Well, I’m ready for winter.

Today we had a international students luncheon event. About 20 to 30 classmates gathered at Hess Commons. Looking around the room, about half of them were those who I’ve already seen once, or talked before, and I could see who are ‘international’ students. Interestingly, or naturally, whether he or she is ‘categorized’ as an international or domestic student, is not necessarily judged at glance from their appearance and voice. Different from my country Japan, here I easily feel what is globalization and how people mingle within a society.

起きて外に出たらびっくりするぐらい寒い。おいおいマジかよ、冬服まだ届いてねーぞ、と焦るぐらいの気温の変化。まだ10月上旬なのに。コートを来た女性のクラスメイトを見かけて、改めて、ここは東京より早く冬がやって来るんだなぁと実感。
と、いうところにタイミングよく日本から冬服が届いた。これでなんとか越冬出来そう。

昼休みには留学生が集まってのランチ。入学した頃より、だいぶたくさんのクラスメイトの顔や名前を認識してきた頃に、改めて「留学生」だけという枠組みで集まると、自分の中でのイメージと、実際のカテゴリーのギャップが感じられて面白い。前にも触れたけど、アメリカ人っぽいとか、留学生っぽいとか、一瞥して予想出来るような見た目やイントネーションの子ばかりではないので、「あ、あの子も留学生だったんだ」とここで始めて理解するような相手もしばしば。彼/彼女の法的なステータスが何か、ということと、彼/彼女のアイデンティティとしてどんな社会的・文化的・民族的要素が重要な位置を占めているかというのは、重なる場合もあるが、別次元の話としてある。日本の中にいたって当然にそうなんだけど、見た目や話し方がかなりの程度で近似しているから、日本ではあんまりそういうことを意識しなかったりする。

Pocket

Leave a Reply

  • (will not be published)