Diary: 10/04/2012 Thu.

Pocket

My department, Health Policy and Management Department held a luncheon event. We had a chance to talk with the second year students and faculty, and listen to several experience of the second year students’ summer practicum. Summer in next year sounds to be far from now, but soon orientations about summer practicum will start, and students have to prepare for interviews. October is not too late, one of the seconds’ said, to start searching for information of organizations that interested in and contacting officers and alumni. Time flies too fast, with daily core study, but I should keep in mind next year’s plan, and start my preparatin.

ランチタイムに学部主催のランチオンイベントがあった。2年生や教職員とピザ食いながら交流して、Summer Practicumの説明や、何名かの2年生の体験談を聞く会。Summer Practicumというのは、2年の夏に全員がやるべきカリキュラムの一貫で、公衆衛生に関わるどこかしらの組織(国内外問わず)でのインターン・実習的なことをするというもの。卒後のキャリアにも少なからずつながったりするようで、かなり重要なようだ。日々の勉強でまだまだ手一杯な感覚なのだけど、気になるところのサイトを観に行ったり、人に会って話を聞いてみたりと、今から候補を絞り込んだり面接準備をする必要がありそうだ。僕の学部は1年半で終わる修士プログラムだから、ボーっとしてるとあっという間に時間が過ぎていく。だんだんリーディングのスピードの早くなってきたし、ディスカッションでもそれなりに意見を交わせるようになってきたから、少しずつ余裕も出てくるのだろうけど。

Pocket

Leave a Reply

  • (will not be published)