Diary: 09/28/2012

Pocket

Finished Biology test!!!!! I was so exhausted with test and three classes today… The test result would be, not so bad, but… not so good also. Anyway, I’m released. This is Friday. Tonight, I went to Jazz Standard with one of my friend to enjoy the concert of Gerald Clayton Quintet.

The quintet is composed of young jazz musicians, and their style and rhythm felt a kind of contemporary one, compared to “orthodox” jazz sounds which I’ve known. So, it was a little “difficult” to groove smoothly for me… but it was really wonderful performance. I enjoyed myself.

Between the test and concert, I spent a time to talk with one of my classmate(she’s from China, and seeking ways to keep studying or working in U.S. after graduation), and then with the friend I went to the concert with about my career path. Although my talk was quite discursive they kindly listened to my voice, and that made me feel easy. He said, “Doing what you are interested in will lead to the just way, someday.” Yeah, that’s true. Don’t be worried too much.

試験と授業3つ、なかなかハードな一日だった。初の試験だったが、まぁ少なくとも単位は大丈夫だろう。ほどほどの出来だと思う。外国語での試験で、選択式でなくて文章を書くタイプ、日本語で書くのとは多少勝手が違う。語彙だけでなく、文章として頭に入ってなきゃ書きあぐねる。なんとなく感覚は掴めたから、次回はよりしっかり準備して臨めそう。

先月、こっちに到着して直後に再会した、例のフォーダム大学の友人に誘われて、Jazz Standardのライブへ。Gerald Clayton Quintet 
若手のチームで、曲調もオーソドックスなジャズとは少し違ったものだった。ジャズは、めちゃめちゃ聴くというわけでもないけど、有名どころ、大御所の名前や曲はまぁ知ってる、という程度の親しみ度合いなもんで、こういう玄人向けというか、新しいというか、現代アート的な位置づけであろうサウンドには馴染みが薄かったから、ちょっと難しかったけど、楽しめた。ステージ真ん前のめっちゃ良い場所にあたって、なんとも贅沢な時間だった。

授業とコンサートの合間に、留学生の同級生とキャンパスで、それからライブ前に合流したその友人と、ひとしきり進路やらなんやらについて話した。ずいぶんととりとめのない話になったけど、しっかり聴いてくれて、ずいぶんと気が楽になった。

「まぁ、好きなことやってったらそのうち繋がるんじゃない?」
せやな。。
どの会社に入るとか、どの業界に行くとか、そういったことだけで充足・解決される類の悩みや関心ではないからな。。
裏を返せばどこで何やっても自分なりに納得して試行錯誤出来る環境ならそれで良いとも言える。
まぁ、なんとかならぁな。

そういえば、ジャズ行く前に、Times Squareでゴーゴーカレー食べました(笑)カツカレー$7なり。安い。

Pocket

Leave a Reply

  • (will not be published)