Diary: 09/06/2012

Pocket

06 September 2012 Th.

Chance to Study Science Again!
Today, I had the first sessions of a science-oriented lecture, “Biological Basis of Public Health” that dealt with human genetics, such as structure of DNA and mechanism of heredity. Most of the contents today was that I had already studied in high school, but some of that was that I was unfamiliar with or I had only ambiguous image or knowledge of. Honestly, catching up with scientific words and contents was a little difficult for me… but I felt this is a good chance to study science again and be a kind of cultured people over areas. When I was in undergraduate college, I felt exciting to listen to what science major friends are talking about (especially I was attracted to the field of biology, and of architecture) and liked reading books of science. But at the same time I felt a little shame of my poor understanding of the basis of science, because I was a law major student.

By the way, it was also interesting to see the contrasts of mood of my friends differ in each class and upon his or her major. One of a friend with a background of biology seems to feel easy in today’s biology class, but she becomes nervous when she’s in history or human rights lecture. It’s opposite of me!

After the lectures today, I stayed in the library on campus too till night. But the reading materials for tomorrow.

ーー日本語ーー

2012年9月6日(木)

チャンス再び
今日は、生物学の授業があって、いわゆる理系的な講義は今週始まって初。この日は遺伝の仕組みとかDNAの構造とかの話。メンデルの法則やらなんやら、高校理科レベルの話も。ほとんど既知だったが、最後の方はちょっと知識やイメージが曖昧だった分野まで入ったから、多少頭がこんがらがった。理科・数学が苦手だって理由がほとんどで文系に進んだ身で、高校からずっとそれを引きずっていたから、勉強し直すには実に良い機会だ。
自分のコンプレックスも一部手伝ってだろうけど、大学時代、同じ法学部の友人より、理系の学部の友人の話を聞いている方が楽しかった(とりわけ惹かれたのは、建築と、生物学)。分野問わず読書が好きだったものだから、自分の専門外の分野の本もちょくちょく読んで、見知らぬ世界への憧れを強めたりもしていた。しかし、読み物として面白いものを読めはしても、基本的な仕組みや構造、数式やらなんやらを結局丁寧に理解しないままでいた自分が「恥ずかしい」という意識は常に持っていた。とはいえ、専門の勉強やら就活・受験やらで、なんだかんだどんな道に進んでもそれぞれに忙しいわけで、教養レベルでの積み残しがいくつかあったまま学部を卒業してしまった。そんなわけだから、Public Healthのスクールに入ったのはコンプレックス払拭の良いチャンスでもある。もちろん、それだけで十分とは思わないけれど、しっかりした教材で基礎的な知識を復讐できるというのは有難い。ま、病気のことを理解していないで対処方を講じることができるわけもないから、学んで当然でもあるのだけど。

生物学を専攻していた友人が、今日の授業で如実にテンションが変わっていたのは面白かった(笑)歴史や倫理の講義は彼女にとってはかなり辛いらしい。お互い様だな。

講義を終えて、この日も夜遅くまで図書館にこもる。翌日のリーディングは、今日の分よりは多少楽だった。

Pocket

5 Responses to “Diary: 09/06/2012”

  1. クレキソ on

    科学史では、結構古いけれども、村上陽一郎『西欧近代科学ーその自然観の歴史と構造ー』が興味深かった。「近代=現代自然科学体系の描く世界が、全体としても、“一つの”枠組み、鋳型によって選びとられた世界なのであって、他にも選択肢があり得たし、あり得るであろう」という史観から、自然科学が歴史的にどう形成されたか論じられている。

    返信
  2. クレキソ on

    唐突に、わけのわからない本についてのコメントをしてごめんww「自然科学を勉強する上で、この本を読めば理解が早まるんじゃないかなあ。というか、この本を僕は高校の時に読めたらもっと理系のテスト点数が上がったかもしれへん…」と思ったので取り上げさせて頂きました(^-^)/ 読んで損はない、定評のある本なので、良かったら手にとってみてね\(^o^)/

    返信
  3. Ling Chen on

    Well, I was pretty happy with science, and biology, and nervous and confused with ethics or history or human rights myself… Guess major in undergraduate is not the only thing that has something to do with this “preference”… Background, “public value” & “customs”, mode of thinking, and especially the unfamiliarity toward American history also play a part in it…

    返信

Leave a Reply

  • (will not be published)