Diary: 09/02/2012

Pocket

2 September 2012 Sun.

HCAP Reunion
In the morning, I had a breakfast with one of my friends from HCAP (Harvard College in Asia Program), a international conference program by Harvard and Asian several university, which I participated in when I was a freshman in the University of Tokyo. A reunion almost after two years! She’s now working in D.C. in a disaster risk management region, but before that worked for a few years in Manhattan. We talked about each of ours works; for me, emergency aid and community development projects in Ishinomaki and Oshika, for her, her research in D.C. about risk management of Asian countries (she said other Asian countries have a lot to learn from Japan). Coincidentally our was have crossed over while we were apart.

In New York, there are also other HCAP Alumni working or studying. We promised to have larger reunion with other friends next time. I felt happy to see post-HCAP friendships still continue strongly.

After meeting with her, I just read materials for classes on campus.

ーー日本語ーー
2012年9月2日(日)
数日だけNYに来ているという連絡があったので、合流して朝食を友人と一緒に食べる。彼女とは2年近くぶりの再会になる。大学時代に参加したプログラム、HCAP(Harvard College in Asia Program)で出会った。HCAPは、ハーバード大とアジアの大学が提携して行う国際プログラムで、2月にハーバードに各国大学生が全て集まり1週間のカンファレンス(講義、観光、ディスカッション、レクリエーション等々盛りだくさんのプログラム)に参加し、3月には逆にハーバード生が15名ほどずつ、各国大学がホストするアジアカンファレンスに参加する。どちらのカンファレンスも、受け入れ側の学生が自分たちで企画・運営することが特徴だ。僕が参加したのは2008年、英語力がもうほんとにダニみたいだった1年生の頃。前年から東大は選抜に通って、僕らの代は2期目、ええと今年は…なんと7期目。隔世の感である。

話がそれた。今日会った友達は、2008年にハーバードに行った頃に受け入れ側としていた際に出会い、2009年、後輩の3期目が主催する東京カンファレンスに参加した。2009年のカンファレンスに一日だけ顔を出して、それでそこそこお話した程度だったのだけど、2010年の大学院出願前のキャンパスビジットの折にNYで再会したのだ。当時は彼女もウォール街で働いていて、今は、ワシントンD.C.在住。南アジア地域での災害リスクマネジメントの仕事をしているそうな。ということで、奇しくも仕事が隣接領域、3.11以降の東北の状況や自身が携わったプロジェクト、彼女がリサーチをしている事例の話をした。曰く、まだまだ南アジアの国々は、組織や領域をまたがった災害対応のシステムが整っておらず、それぞれ縦割りに自分たちのことをしている、という状況らしい。震災発生直後の日本での、道路の復旧等々の初期フェーズの対応の早さに学ぶところが大いにある、と。去年は僕はずっと現場だったもんだから、データ・事例としては彼女の方がよく調べているだろうな、と思った。ともあれなんだ、1・2年生のことを思えば、仕事の話含めそんなに不自由なく説明・質問・応答が出来るようになっていて、語学力と経験というのは、年齢を重ねれば伸びるもんだなぁ、と感じる(いやまだ全然油断出来る状態じゃないのだけど)。

彼女はこの休日の短期滞在だけど、New Yorkにはけっこう他にもHCAPerがいるので、今度またみんなで集まろうという話をして別れた。

午後は、終日課題読書をして過ごす。眠気との闘い…

Pocket

Leave a Reply

  • (will not be published)