Topic: Diary

Diary: 09/14/2012~09/16/2012

14 September 2012 Fri.

The last day of long week days… Thinking about the amounts of readings and assignments for next week, I didn’t see myself as a person who can go out at Friday night. So after the classes I kept studying till night… But thanks to that, I finished my pre-reading of Monday classes. That would give me time to tackle on assignments on Saturday and Sunday.

At night, I watched a DVD of the movie “Down by Law” by Jim Jarmusch (I found he also graduated from Columbia!) So humorous movie it was, and I cannot help laughing out. The last scene was my favorite; Zack and Jack exchange their jackets and walk away without shaking hands.

Down by Law (The Criterion Collection)
Down by Law (The Criterion Collection) Jim Jarmusch

Criterion 2002-10-22
Sales Rank : 10418

See details at Amazon by G-Tools

This DVD is one of the gifts from my friends before leaving Japan. Thanks a lot for my happy Friday!

2012年9月14日(金)

今週の授業は全て終わったが、来週の予習や宿題を考えると、まだフライデーナイトを楽しむ余裕は無いなと悟り、図書館にこもって勉強をした。おかげで月曜の予習は早くも終わったから、土日に落ち着いて宿題に取り組めそうだ。

家に帰ってからDVDを観て寝た。ジム・ジャームッシュの「ダウン・バイ・ロー」。ユーモアいっぱいで、思わずところどころ声を出して笑った。少し心が晴れた。刑務所の中で3人して“I scream,you scream,we all scream,for ice cream”なんて叫んじゃってさ。

ダウン・バイ・ロー [DVD]
ダウン・バイ・ロー [DVD] ジム・ジャームッシュ

キングレコード 2011-03-23
売り上げランキング : 13189

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ラストシーンも、粋だねぇ。
このDVDも、出国前のいただきもの。かたじけない。

15 September 2012 Sat.

Had a lunch with two Japanese friends. One is an alumni of Columbia SIPA. Now she’s working at an investment bank and this month coming back to NY for training. When I met her first was October 2010 in NY. I was traveling around Boston and NY and had campus visits before applying to Columbia and other schools. Another one is a friend of my friend. So this is the first time for us to meet directly, but before that he contacted me through e-mail. He’s now in a language course of Columbia and planning to apply grad school. They told me about job hunting, and it made me a little nervous. Oh, I also have to design my career and work after graduation, not only just focusing on study, within the short master program. Both of them said “Don’t worry you can do it!” but…yes anyway, I do need to plan my future work again. This is not just a moratorium, I know.

2012年9月15日(土)

日本人の友達二人とランチ。一人はColumbiaのSIPAを出て、今日本で働いている。研修で一ヶ月NYに戻ってきているとのことで、再会。2010年の10月に僕がNYを訪ねた時に初めてあって、その後日本でもう一度、今日が3回目。時が経つのは早いもので、彼女はもう院を出て働き始めている。もう一人は、正確には友達の友達、という関係で、直接会うのは初めて。前職をやめてColumbiaの中の語学コースに通いつつ、大学院出願準備をしているところらしい。先日、メールで連絡をくれたので、せっかくだからと一緒に会うように誘った。
いきおい、就活の話になる。彼女はSIPA在籍時の経験(ボストンキャリアフォーラムとか色々…)、彼は日本での就活の経験から色々と。僕はあれだ、インターンとか事業の協働立ちあげとか大学院出願とか色々したが、どれもご縁に恵まれての経験で、いわゆる「就活」らしい就活をしたことが無い。「そんだけ経験あれば大丈夫だよ。通るよ。」と言われるものの、この社会不適合者がそうそううまく生きてゆけるかなぁ…とちょっと心配。
「将来ちゃんと食ってけんのかなぁ俺…」という漠とした不安は、ここ数年ずっと抱えていて、寄せる波のように度々心に去来する。
まぁ、自分で考えて、道作ってくしかないんだけど。

16 September 2012 Sun.

When I came back to my dorm at night, I received a mail from the housing office, and in the envelope there is the money order I sent to them to pay my deposit and rent. They said they cannot receive Japanese money order and can U.S. order only. Really!? How do I manage this unreceived money order (it costed more than $900)? Is it possible to be paid back? They never told me that they only receive U.S. order only before. As I was in Japan I had no choice but making and sending Japanese money order to them. Also there was only a week or so between the date I received the announcement about my room accommodation and the due date for confirmation and deposit. I don’t think I was responsible for this trouble…but felt so nervous when worrying about the case I cannot be paid back. Anyway, I will visit the office tomorrow.

Also, there are other concerns. My iPhone still have not read my SIM Card (this card is one from a British provider that specialize in servie for Japanese living in U.S.) even after several e-mail conversation and asking at an Apple Store. The duct connected my bathtub clogged up and water doesn’t flow. Still have unfinished homeworks… So nervous Sunday

2012年9月16日(日)

こちらで物乞いをしている人々のスタイルは、日本のそれよりも随分ストレートだ。特に電車の中。自分で声をあげながら空の紙コップ片手に歩きまわるなんてスタイルは日本ではほとんど見受けられない(多くは路上に黙って座っている)。語弊を恐れるが…こっちの人の方が、ややあっけらかんとした雰囲気すら漂わせている。電車で遭遇するのは、だいたいが黒人の男性。
ただ今日、大学近くの店でコーヒーを飲んでいて、初めて女性から、お金を乞われた。30代ぐらいだろうか。ずいぶん悲壮な眼差しでpleaseと言われたものだから、そして僕もちょっと気分が暗くなっている時だったから、どうにも心が締め付けられた。その表情が、熟達した演技によるものか、本当に心底困っている状況からくるものかを問うことに意味は無いし(おそらく両方なのだろう)、また、そういった人たちに対してどういった態度を取るべきか、という是非や善悪の話をしたいわけではない(僕自身は、色々逡巡した結果、その人本人にとっても、社会の構造全体にとっても有効打とならないだろうから、お金をあげることはしない、というスタンスなのだけど。そして過去に何度かそういう人にお金を渡したこともあるし、そういう判断やスタンスも、その時の気分や状況で容易に揺れ動くことなのだけど、とにかくそれは今はどうでも良い)。
…なんだろうな、こういう状況に直面した時のやるせなさって、社会の構造や政策を論じるのとは全く別次元で、その時、その場、その相手との関係において、圧倒的なの現実として迫ってくるんだよな。
そしてここで、自分が個人としてどう振る舞うべきかなんて問いへの答えは、いくらサンデル先生と議論したところで、永遠に出てきはしない。

別に何か主張したいというわけではなくて、今日、その眼差しが痛かったということを、書き留めておきたかっただけ。

…この日の痛さは、「明日は我が身」じゃないけど、自身の性来の先行き不透明さ(ちゃんと食っていけるのかという、昨日からまた尾を引いている不安も手伝って)からも来ているのかもしれない。
「何を贅沢な」「コロンビア大に留学してまで何を不安がる必要が」と言われるかもしれないけど、僕に限らず、将来への不安、転落への恐怖は今のご時世、日本の若者はみな抱いているんじゃないだろうか。いい大学を出たとかいい会社に入ったとか、ワッペンや肩書きが増えたところで解消されない類の不安な気がする。

家に帰ったら大学のHousing Officeから封筒が届いていた。家賃の支払案内かな、と思って開けてみると、自分が6月に発行して送付した日本の為替(depositと初月の家賃用)が入っているではないか。米国発行の為替しか受け取れないから、これはダメですよ、と。いやそんなこと言われても…寮の部屋割り当て通知が来た時、checkかmoney orderで支払えとは書いてあったけど、”U.S.” money orderとはどこにも明記していなかったし、通知の封筒が届いてから、署名・支払い期限までほとんど日がなかったから質問する余裕もなかったし、日本にいたからどっちみち日本の為替を発行する以外に方法はなかったのだけど…しかも6月発行の為替だからもう期限切れてるし。今更返してきてどうしろと!?日本で換金出来るのかこれ…?日本円にして7万以上払って発行したものだから、そんな大金が無駄に消えるのは耐え難い。しかし、どうしようもなくて泣き寝入りすることになったらどうしよう…大事なお金なのに。不安が押し寄せる。
ともかく、明日オフィスに行って事情を話してみよう。Facebookに状況を投稿したら、東京でお世話になっていた方がコメントをくださった。「明日郵便局で払い戻しが出来るか聞いてみるから、為替の写真をメールしてください。」とご親切にも、調べていただけることに…!うぅ…かたじけないと共に、情けない気分になる。ともあれ、感謝だ。心配はつきないが、明日聞いてみよう。

他にも懸念事項がたくさん。バスタブの配管が詰まっているのか、水が抜けなくなったし。SIMフリーiPhoneを買ったもののiOS5.1がHanaCell(英国に本社がある、アメリカ在住日本人向けのプロバイダー。ここが一番安いし対応も丁寧)のSIMカードを読み取らないバグらしい。OSのダウングレードも出来ないし…これは、iPhone返品コースか…?iOS6でダメだったら機種変更だな…はぁ…未だに電話が使えない不自由な状況。初めて購入したスマフォは未だに単なるiPod状態。授業の予習や宿題もまた未消化状態…

沈んだ気持ちのまま眠りにつく。

Diary: 09/12/2012~09/13/2012

12 September 2012 Wed.

When I read articles of history of public health, I often interesting to see how strongly a belief in individualism binds American people. It’s contrasting to my country. Even when they argue paternalistic action to prevent harmful material or environment, the norm, “freedom of choice” always matters.

Couldn’t contribute to the discussion well at the class today.
Casting a question at a lecture in a large hall made me feel a little nervous.
Train yourself.

Frequent sneezing. My body might be surprised with the sudden decline of temperature these days. I went to bed a little earlier today.

13 September 2012 Th.

At lunch time I participated in a lunch meeting of a student group “Perspective on Aging Society.” We talked about activities of this semester and just casually chatted with each other. The existence of a small community makes me feel easy.

The fact that tomorrow is Friday makes me frustrated with the speed of time, rather than satisfied. Every day passes while I only read materials and take lectures… Actually I do understand most of the contents, but I only have time to read and listen to them… not to settle into thinking deeply.

ーー日本語ーー

2012年9月12日(水)

歴史を勉強していると、「個人の自由・平等」という理念がいかに強くこの国を支え、あるいは縛っているかを実感する。この日はタバコの流行から規制の過程を追ったのだが、有害性が明らかになり、健康被害への対策が議論されるなかでも、繰り返し「選択の自由」が反規制の立場から強調される。もちろん表層的な知識や印象レベルで、自国との違いは分かっていたが、実際の政策決定のプロセスを具に追うと、より強く実感する。

ディスカッションの授業、グループでの議論でしどろもどろになり、貢献もできず、恥ずかしい思いをする。
大教室での講義で、手を上げて質問するのは、やはり緊張する。
これも慣れだろうけど。

急な気温の変化にやられたか、くしゃみがよく出る。風邪の兆候を感じたので、この日はあったかくして少し早めに寝た。
すぐに冬服が必要になりそうだ。早めに送ってもらわないと。

2012年9月13日(木)

ランチタイムで、学生グループの一つであるPerspective on Aging Society(オリエンでもこのグループのイベントに行った)に参加。今学期はほとんど大教室の講義だから、こういった小さなコミュニティがあると安心する。

明日がもう金曜日だということに、喜びよりはむしろ焦りが募る。あっという間に日々が過ぎるが、講義に出て、予習文献を読みこなすだけで終わってしまう。ゆっくり腰を据えて考える時間、学習内容を復習・整理する時間を取らなければ…

Diary: 09/08/2012~09/11/2012

08 September 2012 Sat.

I spent most of the day for reading materials for class next week. In the afternoon, I took the subway and disastrously mistook the trains tow times. I was not aware of getting on the wrong ones and reading materials for class desperately. They took me far place, Queens and Brooklyn. So exhausted with such a silly travel and muggy heat stations and trains, even though my reading got progress.

At night, I did something to promote a book which the members and I wrote and edited in the last job through social media and blog. Thanks to many friends and supporters, the book will be successfully published soon. A lot of voice of support filled my heart. Thanks.

09 September 2012 Sun.

At the morning-side campus (main campus) of Columbia, classmates and I held a study group to review the last week sessions of Biological Basis of Public Health. Most of ladies in my school are so powerful.

On Sunday, there are many street stalls around the campus. I bought used books.

Got out of the Butler Library around 11 p.m. and was surprised with how cold it is. The sudden down of temperature made me find the fall is coming. It is the first time to experience a turn of the season in a foreign country.

10 September 2012 Mon.

Last night I couldn’t have enough sleep, and also could not read today’s materials well. Most of the classes today was terrible for me. With less concentration, I failed to catch up with lectures and questions. They went through one ear and out the other.

Rhythm is important. I need to keep my condition by myself, with enough sleep, food and preparation for class.

11 September 2012 Tue.

It was a moderate and normal day with classes and study at library till late night, although knowing today is “the day.”
Every year, anniversary days remind us, at first, of the specific incident it self, and at the same time they show the shades of daily continuous pities in all the rest of the year.
I still not have an appropriate word to mourn. Just stopped at a park near campus and closed eyes for a while at the end of the day.

ーーー日本語ーーー

2012年9月8日(土)

終日、予習文献を読んで過ごす。少し出かけた折に、乗る地下鉄を間違えてひどい目にあった。それも二回。間違えたことに気づかず必死で文献を読んでいたら、気づけば遠く、クイーンズやブルックリンまで連れて行かれた。駅も車内も蒸し暑く、ずいぶん疲弊した。おかげで読書ははかどったが…

2012年9月9日(日)

昼前にMorning-side Campus、いわゆるメインキャンパスへ。学部や大学院の大半がある、「コロンビア大学」と聞いて人が普通思い浮かべる方のキャンパスだ。生物学の授業の復讐勉強会をクラスメイトと一緒にやる。自分を除いて全員女子。なんというかパワフルで、しゃべるの早くて圧倒された。
日曜日はキャンパス周辺に露天が並ぶ。ファーマーズマーケットや、個人での古本販売。古本を3冊買った。Mark TwainとJane AustenとMary Cantwell。

11時頃に図書館を出て帰路。急に寒くなって驚く。ポロシャツ一枚では辛かった。急な気温の低下に、秋の到来を感じる。季節の変化を異国の地で体感するのはこれが初めてだ。

2012年9月10日(月)

前日、あまり寝られず、また文献も十分に読み込めず、辛い一日となった。ほとんどの言葉が右から左へ抜けていく。眠いし。外国語の授業では、少しでも聞き落とすと流れに追いつくのが困難だ。そうなった後の残り時間は苦痛で仕方がない。
げっそり疲弊し、少し落ち込むが、コンディション維持は自分の責任だと思い直し、心に喝を入れる。学校近くのスーパーで色々と買い物。まずはちゃんと食事・睡眠をとること。足元から丁寧に…

2012年9月11日(火)

今日が「その日」だとは感じながらも、普通の一日を過ごす。授業を受けて、夜まで図書館で勉強して。
節目の日というのは、毎年僕たちに、その出来事の印象を思い起こさせるのだけど、同時に日常で断続的に起こる有象無象の影もちらつかせる。
悼む言葉は持ち合わせず、近くの公園で立ち止まり、しばし目を瞑り、家路についた。

図書館にいる時、少し揺れたような気がしたが、帰って検索しても特にそのような記載は見当たらず、気のせいだったらしい。

Diary: 09/07/2012

07 September 2012 Fri.

Accustomed…?
Gradually, my ears feel to be accustomed with sounds and rhythms of English. Theories and logics themselves are not extremely difficult to understand (of course there are a lot of dilemmas for public health practice difficult to judge, and that is what we should think seriously and deeply). I don’t need to panic to catch up with the contents although they are delivered in a foreign language, just need to prepare well and tell my ideas and opinions at discussion, honestly.
Actually I do feel nervous sometimes in lectures or while I’m reading materials, but I found that is is not the only my case. Through chatting with my friends or looking around a hall before lecture starts (not a few students are still reading materials hard), I’ve understood, for most of classmates, whether they are national or international students, it would be hard too to take a lot of courses and read tons of materials.

So… language itself is not the only matter. But it DOES matter for me unfortunately. Yes, I think I do understand what’s going on (maybe about 80-90%) and am catching up somehow, but necessarily my understanding and response always must be behind a half-beat, so sometimes I lose a chance to deliver my opinion properly and smoothly. Even when I could raise hand and tell my opinion to others during a discussion, I worry, “Wasn’t it foolish or irrelevant word?” even when it would be easier to discuss if it was in mother tongue.
The mood of class is really open and confortable, and classmates are of course generous and kind to each one’s opinion and background. So this is not their matter. It’s my matter, I know. But, regardless of surroundings, I cannot avoid feeling inferiority, or chagrin so far now.

Anyway, time will resolve. Only I have to do to wipe out my such complex feelings, is just focus on my duty. Study everyday, and speak and listen carefully and persistently.

 

ーー日本語ーー

 
2012年9月7日(金)

徐々に耳が慣れてきた、と思う。展開されている理論や論理自体はそこまで過剰に難しいものではない(今のところ)。それでも毎日やはり大変であり、焦ることもある。しかしこれは、英語の問題(でもあるが)だけでもないのだな、と気づいた。リーディングの分量の多さに苦労しているのは、自分だけではないようだ。授業前後の友達との会話や、授業開始前に必死で文献を読み込んでいる学生を見て気づいた。ネイティブにとってもそこまで楽な分量ではないらしい。それから、昨日の日記に書いたように、それぞれの得意不得意分野によっても心境・苦労は左右される。

とはいえ…やはり、自分にとっては、英語が問題、でもあるのだ。どうにかついてはいける。理解は出来る。しかし、やはり理解や反応がワンテンポ遅れる。母語であれば楽に議論出来る内容であっても。
発言出来たとしても、その後に、「俺、変なこと言っちゃわなかったかな…?」と、不安になる。ちょっと変な汗をかく。
もちろんこれは周りの問題ではない。そこはやはりアメリカの大学というか、多様なバックグラウンドや能力に対しての寛容さがあり、クラスメイトも、それぞれの発言に対して肝要でありオープンだから、仮に僕がなにか変なことを言っていたとしても、それだけで糾弾されることは当然無い。よって自分の問題である。いや、自分の「問題」と言ったが、所詮これは過渡的で些細な悩みに過ぎず、時間が解決してくれる類のものだろう。別にこの程度、「重大問題」でもなんでないだろう。そういう「理解」はしている。
しかしやはり、悔しいものは悔しいし、焦る時は焦る。これは「日記」だから、事実として、今そういう心境にある、ということは書き留めておいても良いだろう、と思う。

1週間全体で見れば、大変だったものの、久しぶりの「勉学」に覚えた快感や楽しさの方がよほど大きい。また、心身ともにまだまだ極めて健康な状態にある。現状、特に心配はなかろう。

(なんかおっさんくさい文体になった。日英併記だから相互の言語が影響し合って頭がごちゃごちゃするのと、枕元に夏目漱石なんか置いてるのが原因だと思う。)

Diary: 09/06/2012

06 September 2012 Th.

Chance to Study Science Again!
Today, I had the first sessions of a science-oriented lecture, “Biological Basis of Public Health” that dealt with human genetics, such as structure of DNA and mechanism of heredity. Most of the contents today was that I had already studied in high school, but some of that was that I was unfamiliar with or I had only ambiguous image or knowledge of. Honestly, catching up with scientific words and contents was a little difficult for me… but I felt this is a good chance to study science again and be a kind of cultured people over areas. When I was in undergraduate college, I felt exciting to listen to what science major friends are talking about (especially I was attracted to the field of biology, and of architecture) and liked reading books of science. But at the same time I felt a little shame of my poor understanding of the basis of science, because I was a law major student.

By the way, it was also interesting to see the contrasts of mood of my friends differ in each class and upon his or her major. One of a friend with a background of biology seems to feel easy in today’s biology class, but she becomes nervous when she’s in history or human rights lecture. It’s opposite of me!

After the lectures today, I stayed in the library on campus too till night. But the reading materials for tomorrow.

ーー日本語ーー

2012年9月6日(木)

チャンス再び
今日は、生物学の授業があって、いわゆる理系的な講義は今週始まって初。この日は遺伝の仕組みとかDNAの構造とかの話。メンデルの法則やらなんやら、高校理科レベルの話も。ほとんど既知だったが、最後の方はちょっと知識やイメージが曖昧だった分野まで入ったから、多少頭がこんがらがった。理科・数学が苦手だって理由がほとんどで文系に進んだ身で、高校からずっとそれを引きずっていたから、勉強し直すには実に良い機会だ。
自分のコンプレックスも一部手伝ってだろうけど、大学時代、同じ法学部の友人より、理系の学部の友人の話を聞いている方が楽しかった(とりわけ惹かれたのは、建築と、生物学)。分野問わず読書が好きだったものだから、自分の専門外の分野の本もちょくちょく読んで、見知らぬ世界への憧れを強めたりもしていた。しかし、読み物として面白いものを読めはしても、基本的な仕組みや構造、数式やらなんやらを結局丁寧に理解しないままでいた自分が「恥ずかしい」という意識は常に持っていた。とはいえ、専門の勉強やら就活・受験やらで、なんだかんだどんな道に進んでもそれぞれに忙しいわけで、教養レベルでの積み残しがいくつかあったまま学部を卒業してしまった。そんなわけだから、Public Healthのスクールに入ったのはコンプレックス払拭の良いチャンスでもある。もちろん、それだけで十分とは思わないけれど、しっかりした教材で基礎的な知識を復讐できるというのは有難い。ま、病気のことを理解していないで対処方を講じることができるわけもないから、学んで当然でもあるのだけど。

生物学を専攻していた友人が、今日の授業で如実にテンションが変わっていたのは面白かった(笑)歴史や倫理の講義は彼女にとってはかなり辛いらしい。お互い様だな。

講義を終えて、この日も夜遅くまで図書館にこもる。翌日のリーディングは、今日の分よりは多少楽だった。

Diary: 09/05/2012

05 September 2012 Wed.

Emphasis on Integration
Today I had two lectures and an introduction session for a unique course, “Integration of Science and Practice.” Lectures were second sessions of “History of Public Health” and “Human Rights.” On the beginning of the session of “Human Rights,” the professor mentioned about the first session of “Ethics of Public Health” that held yesterday and showed connection in his lecture with her lecture. Also, the course “Integration of Science and Practice” emphasized the goal of this course “integration” through the process of case study in the course. We utilize our knowledge built through lectures to understand cases that really happened in history.
I hope, or am determined to realize that each piece of a puzzle will fit into right place and I will be able to see a whole picture some day.

Stuck with Reading…
The amount of reading materials vary in each course, or even in each session. Today, I became so exhausted after reading for Thursday sessions. Today I rarely had chance of talking with others, only ones were before and after the classes…
Well, I know time is limited. I need to structure my study plan, not on a day-to-day basis, but with a long term view of the semester. Make clear my priorities.

ーー日本語ーー

2012年9月6日(水)

語るほどのこともなく…
曇り空。先週より少し気温が下がってきたように感じる。今日の講義は2つ。”History of Public Health”と”Human Rights” 授業の開始時に、教授が他の授業に言及して、分野間の繋がりへの意識を喚起することがしばしば。全体の連関や統合性を意識してカリキュラムが構成されていることが伺われる。
翌日のリーディングの分量がかなり多く、授業時間以外は全てリーディングに費やして一日が終わってしまった。そういえば授業前後ぐらいしか他人と話すことがなかった。まだいまいちペースが掴めないでいるが、これも慣れの問題だろう、と信じたい。

Diary: 09/04/2012

04 September 2012 Tue.

Class Starts!
My first semester in Mailman has started! On the first day, I had three lectures, “Histroy of Public Health,” “Human Rights,” and “Ethics of Public Health.” As public health practice is closely related to real world problems, not only to experiment in laboratory, we have to face with people, who are living same as us. Furthermore, all human beings have a right to health as fundamental human rights. Thus we public health students, who are being to be professionals, have to understand human rights as a set of values and practical tools to seek public health goals, gain ethical sense to judge whether a specific practice or experiment is ethically justified or not and learn from history that tells us a lot of lessons of successful or unsuccessful public health practice.
On the History class, we dealt with an infamous study, the Tuskegee syphilis study that studied progression of black men living in poor rural village Tuskegee in Alabama without enough care and informed consent for them between 1932 to 1972. For the progress of public health, researchers sometimes do experiments on people that entail risks of diseases. But they are not just subjects but also living human beings. Thus researchers must pay maximal attention to avoid needless violation on health through careful communication with subject people and care for them. Tuskegee Study is a tragic lesson in history.

Lectures are interesting, and the contents of that are not so difficult, but sometimes I feel difficulty in catching up with their fast speech and questions…. so I got a little tired. After finishing today’s lectures and pre-reading for the next day, soon I dropped of to sleep.

 

ーー日本語ーー

2012年9月4日(火)

授業開始!
今週からついに授業開始。学徒に戻りました。最初の週から盛りだくさん。初日は”Histroy of Public Health”、 “Human Rights”、 “Ethics of Public Health”の3つの講義。Public health – 公衆衛生は、現場で起こっている健康問題に対処するための分野(事件は研究室で起こっているのではない!)なので、生身の人間を相手にすることがほとんどだ。また、健康を追求する権利は一人ひとりの人間が持つ基本的な人権の一つでもある。よって、病気の知識だけでなく、人権規範を当然理解しておかなければならないし、自分たちの手がける調査・研究・政策が倫理的に妥当かどうかを判断する尺度が必要だし、そうした観念が発展してきた経緯や、実践の成功・失敗の履歴としての歴史を学ぶ必要があるのだ。
“Histroy of Public Health”の講義では、悪名高いTuskegee Syphilis Study―Arabama州にあるTuskegeeという小さな村で、貧しい黒人男性を対象に行われた、梅毒の症状研究について取り扱った。実験が行われたのは1932年から1972年と言われており、今からそう遠くない20世紀の出来事だが、当時の、根強い人種差別意識や、梅毒の治療方法の未発展(実験の途中でペニシリンの有効性や徐々に実証されていった)ゆえに、被験者となった人々やその家族に、十分な説明やケアが無いまま実験が進められ、多くの人々の健康を蝕むこととなった(実験を報じる新聞記事では”Genocide”という表現も)。
人々の健康増進に貢献すると言えば聞こえは良いが、時にはpublic healthの名の下に、人々の健康を損なう危険性もあることをよく理解しなければならない。

講義は面白いし内容もまぁ理解出来るんだけど…いかんせん講義と質問のスピードがはやく、時折ついていけなくなる。ぐったり疲れたのか、授業と翌日の予習が終わったらすぐ寝てしまった。

Diary: 09/03/2012

03 September 2012 Mon.

Caribbean Carnival on Labor Day
This is the final day of 3 day holidays before class starts. I went down to Brooklyn to see the Caribbean Carnival (before leaving Japan, one of my friends strongly recommended to see that).Getting down the train at the Flanklin Avenue St. and walked around. At first I didn’t find any carnivalistic mood around the station, but soon I found people going through streets, and finally got the street of the carnival.

Crowds of people seem to be really excited, and soon the carnival had come.

I was also excited, with festive music beating my ears and stomach.
(You can see other photos below in this entry)
I stayed about two hours, and then got back to Manhattan.

ーー日本語ーー

2012年9月3日(月)

カリビアンカーニバル
今日は月曜日だが、Labor Dayなのでアメリカでは祝日である。
「授業始まる前に絶対見に行っとけ!」とゼミの先輩に言われたので、Brooklynのカリビアンカーニバルを見に行ってみた。Brooklynは、同じNew York市内の地域だが、Manhattannから川を挟んだところなので、少し遠出。地下鉄、青のC-Lineに乗ってFlanklin Avenueまで行く。

駅を降りてもごくごく普通の様子。「あれ、間違えたかな?」と思ったが、ウロウロしていると同じ方向へ向かう人の流れを発見。

だんだんお祭りっぽい雰囲気に。

10分15分ほど歩く。すると…

なんちゅー人ごみ…

みんなが挟んでいる通りを警察がガードしている。どうやらここにカーニバルの一団が通るらしい。
全然見えんぞしかし。自分の身長の低さを呪った(あと、望遠レンズ持ってこなかったことを反省した)

少し待っていると、やってきた。
腹に響く大音量で、陽気な音楽を鳴らしながらトラックが先頭を切る。

ほんで、こんな感じでダンサー?カーニバル参加者?が続く。



気合の入ったダンサー衣装で腰を振りまくってる人もいるけど、ふつーに「近所の住人」っぽい感じでラフに歩いてる人もいる。

カーニバルはいくつかの参加集団に分かれている様子で、流す音楽やMCの様子もまちまち。

しばらく眺めていると、なんかすごいのが来た。

カリビアン小林幸子である。

幸子である、とか言ってみたけど、中の人は男の人でした。 彼だけ一人異彩を放っていて、なんかすごかった。

ほどほどに満喫してManhattanへ帰る。
50th Streetあたりのカフェで勉強し、帰宅。
帰りのメトロでカードにお金をチャージしようとしたら、機械の故障でチャージ失敗、$50も食われた。
駅員さんに言ったら、メトロの会社に手紙を出してお金を返してもらって、と。ここでは対応出来ないらしい。
代わりにタダで通してくれたけど。さて、、無事お金は返ってくるのだろうか。レシートにもFAILEDと書かれていて、日付や金額も記録されているから、カードとレシートを送れば大丈夫だとは思うが。

Diary: 09/02/2012

2 September 2012 Sun.

HCAP Reunion
In the morning, I had a breakfast with one of my friends from HCAP (Harvard College in Asia Program), a international conference program by Harvard and Asian several university, which I participated in when I was a freshman in the University of Tokyo. A reunion almost after two years! She’s now working in D.C. in a disaster risk management region, but before that worked for a few years in Manhattan. We talked about each of ours works; for me, emergency aid and community development projects in Ishinomaki and Oshika, for her, her research in D.C. about risk management of Asian countries (she said other Asian countries have a lot to learn from Japan). Coincidentally our was have crossed over while we were apart.

In New York, there are also other HCAP Alumni working or studying. We promised to have larger reunion with other friends next time. I felt happy to see post-HCAP friendships still continue strongly.

After meeting with her, I just read materials for classes on campus.

ーー日本語ーー
2012年9月2日(日)
数日だけNYに来ているという連絡があったので、合流して朝食を友人と一緒に食べる。彼女とは2年近くぶりの再会になる。大学時代に参加したプログラム、HCAP(Harvard College in Asia Program)で出会った。HCAPは、ハーバード大とアジアの大学が提携して行う国際プログラムで、2月にハーバードに各国大学生が全て集まり1週間のカンファレンス(講義、観光、ディスカッション、レクリエーション等々盛りだくさんのプログラム)に参加し、3月には逆にハーバード生が15名ほどずつ、各国大学がホストするアジアカンファレンスに参加する。どちらのカンファレンスも、受け入れ側の学生が自分たちで企画・運営することが特徴だ。僕が参加したのは2008年、英語力がもうほんとにダニみたいだった1年生の頃。前年から東大は選抜に通って、僕らの代は2期目、ええと今年は…なんと7期目。隔世の感である。

話がそれた。今日会った友達は、2008年にハーバードに行った頃に受け入れ側としていた際に出会い、2009年、後輩の3期目が主催する東京カンファレンスに参加した。2009年のカンファレンスに一日だけ顔を出して、それでそこそこお話した程度だったのだけど、2010年の大学院出願前のキャンパスビジットの折にNYで再会したのだ。当時は彼女もウォール街で働いていて、今は、ワシントンD.C.在住。南アジア地域での災害リスクマネジメントの仕事をしているそうな。ということで、奇しくも仕事が隣接領域、3.11以降の東北の状況や自身が携わったプロジェクト、彼女がリサーチをしている事例の話をした。曰く、まだまだ南アジアの国々は、組織や領域をまたがった災害対応のシステムが整っておらず、それぞれ縦割りに自分たちのことをしている、という状況らしい。震災発生直後の日本での、道路の復旧等々の初期フェーズの対応の早さに学ぶところが大いにある、と。去年は僕はずっと現場だったもんだから、データ・事例としては彼女の方がよく調べているだろうな、と思った。ともあれなんだ、1・2年生のことを思えば、仕事の話含めそんなに不自由なく説明・質問・応答が出来るようになっていて、語学力と経験というのは、年齢を重ねれば伸びるもんだなぁ、と感じる(いやまだ全然油断出来る状態じゃないのだけど)。

彼女はこの休日の短期滞在だけど、New Yorkにはけっこう他にもHCAPerがいるので、今度またみんなで集まろうという話をして別れた。

午後は、終日課題読書をして過ごす。眠気との闘い…